MODULE’s PoSTT vs. Proof of Stake

この記事では、MODULEのアルゴリズムがPoSとどのように異なるのか、そしてこの違いがユーザーにとって何を意味するのかを説明します!

E技術革新は、既存の問題を解決し、いくつかの利益をもたらすことになっています。 Proof of Stakeも例外ではありません。元来の技術問題を解決するためにProof of Work(PoW)アルゴリズムの代わりとして作成されました。 PoWは終わってません。 それでも、暗号通貨業界の多くのプロジェクトがProof of Stakeについてより熱心になっていることはよく知られたことです。 どうしてでしょうか?

PoWは終わってません。 それでも、暗号通貨業界の多くのプロジェクトがProof of Stakeについてより熱心になっていることはよく知られたことです。 どうしてでしょうか?

Proof of Stake: Solution

Proof of Stakeは、Proof of Workに必要なコンピューティングパワーの問題に対処します。 Proof of Stakeでは、マイニング権はマイニング者が保有するコインの割合に起因します。 言い換えれば、人は自分が保有しているコインの数に応じてブロック取引をマイニングまたは検証することができます。

 

物理的なハードウェアを必要とするProof of Workとは異なり、PoSはほとんどハードウェアフリーです。 複雑な計算をする必要はないので、電気の必要性は少なくなります。 先ほど指摘したように、ユーザーはネットワーク内のノードになるには、プロジェクトのコインがある程度必要です。

Proof of StakeにはProof of Workよりも多くの利点があります。 たとえば、10ドル相当のコインを購入するのか1000ドルを購入するのかに関係なく、誰でもノードになることができます。 これにより、より多くのユーザーがエコシステムに惹きつけられ、参入障壁が減ります。

さらに、そのようなエコシステムを妨害することはありません。 利害関係者(=バリデータ)と見なされるのに十分なコインを持つアカウントが悪意のあるものであると判明した場合、そのアカウントは利害関係を失い、ネットワークから追い出されます。 不正行為に関するスキャンダルがある場合、持ち株は単に価値を失う可能性があります。 お分かりのように、不正行為はPoSで本当に高価になります。

しかし、PoSは本当に持続可能なソリューションなのでしょうか。

Downsides of the Algorithm

ここで例として、すぐにPoWからPoSに切り替わるEthereumを考えてみましょう。 Proof of Stakeはバリデータをランダムに選択することで機能します。 しかし、この記事の前半で述べたように、バリデータとは、 利害関係者と見なされるのに 十分なコインを持つアカウントです。

バリデーターのエーテル数が多いほど、また候補者のアカウントにある期間が長いほど、それらが選択される可能性が高くなります。 つまり、

金持ちはもっと金持ちになる。

イーサを最も長く持っていた人々は、バリデータになる可能性が最も高いです。 これは、より多くのイーサを稼ぐチャンスが上がることを 意味します 

ただし、これはBitcoinの「リッチなリッチ」システムとは異なります。 ビットコインでは、金持ちは競争力を維持するためにハードウェアと知識に投資し続ける必要があります。 PoSに関しては、あなたはコインを購入しなければなりません

これはおそらくPoSがまだ本当の主流の注目を欠いている理由です。

PoSTT

容量、時間および取引の証明は、ノードになるために計算能力またはコインを必要としない、 つまり、基本的にあらゆる携帯機器が参加可能ということです。 どのように機能するのでしょうか?

MODULEのコンセンサスアルゴリズムは、あなたがあなたのスマホのストレージスペースを貸すことによって報酬を得ることを可能にします(=プロバイダーになる) プロバイダになるための設定は、日常使用している他のアプリケーションの設定よりも簡単です あなたが日常的に今使用している他のアプリケーションの設定よりも難しくありません。

プロバイダーとしての報酬を得るための専門知識は必要ありません

スマートフォンやその他のデバイスをストレージと一緒に利用することは、これからデバイスのストレージ容量が進歩し拡大するにつれて、持続可能なソリューションとなることが強く期待されています。 storage 特にスマートフォンはより強力でエネルギー効率が良くなります。

上級ユーザーは自分のトークンを発行し、MODULEプラットフォーム上でDApp(分散アプリケーション)を開発することができます。 もちろん、これらの機能はEthereumのような他の有名なプラットフォームと似ています。 ただし、MODULEから蓄積されたストレージを自分のアプリケーションに使用できるため、全体的なコストを削減できます。

地球上には無駄に放置されている膨大な貯蔵資源があります。 MODULEは、未使用のリソースを開発者、企業、データセンターなど、それらを必要とする人々と共有できるようにしたいと考えています。 データは分割され、複数のコピーで複数のデバイスに分散されます。

PoSTTアルゴリズムは環境に優しいだけでなく、低開発国を含む世界中の人々がプロバイダーとして行動し、一部の報酬を受け取ることを可能にします。

Conclusion

物理的なハードウェアとかなりの電気代を必要とするPoWとは異なり、Proof of Stakeはユーザーが自分の財布にコインを入れることを要求するだけです。 それは本当にPoWよりも安くより良い解決策をコンセンサスに提供します。

それでも、一言で言えば、PoSは、あなたがより豊かであるほど、あなたはブロック管理を勝ち取る可能性が高いことを意味します。 つまり、取引手数料と報酬です。

MODULEでは、暗号通貨による電力消費の問題やその集中化などの問題を解決する方法として、モバイルデバイスに注目しています。 MODULEプロジェクトは、スマートフォンやタブレットなどのエネルギー効率が高く使いやすいデバイスを使用して、「マイニング」の未来を創造しています。

 

Join our Community!

お気軽にお問い合わせください。 私たちのコミュニティ参加して、最新情報をチェックしましょう! group on Telegram.

Yours sincerely,

The MODULE team

jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese